秋のお彼岸です🍁🍠

  

 

もうすぐ秋のお彼岸ですね🍁

 

 

今回のブログは、お彼岸についてお話ししていきたいと思います♪

 

 

お彼岸には、春のお彼岸秋のお彼岸があり、3月21日前後は春彼岸、9月23日前後は秋彼岸といわれています。

 

 

「彼岸」とは「到彼岸」の意味とされており、私たちのいる世界(此岸)から悟りの世界(彼岸)に渡ることを目的とするのが「彼岸法要」というわけなんです☝️✨

 

 

そんな仏教的意味合いが強いと思われるお彼岸ですが、仏教行事となる以前は日本人の農耕生活に深く根づいた行事だったといわれています。

 

 

古くから日本は、朝は日の出る東の方角にあるお寺などにお参りをし、日中は南の方角にあるお寺にお参りをし、農耕の安全と豊作を祈っていました。

 

 

これを節目として、先祖の霊を祀ることを彼岸の7日間の間に行っていたのです。

 

仏教的思想だけではなく、農耕生活からも影響を受けていたのですね😳

 

 

ちなみに、仏教発祥のインドや仏教徒の多い中国では同じような行事が見当たらないそうです!

 

農耕民族だった日本特有の仏教行事なんですね✨

 

ちなみに、お彼岸の文化が始まった時期ははっきりしておらず、一説には聖徳太子が企画構想したものという説もあります。

 

 

今回はお彼岸についての豆知識でした。

 

 

お盆に比べてあまり馴染みの薄いお彼岸ですが、日本古来の文化に深く関連した行事なので大切にしていきたいですね♪ 

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

田中佛檀店

本店   0595-82-0282

FAX  0595-82-8979

メール  info@tanaka-butudan.com

U R L   http://www.tanaka-butudan.com

 

 

本日9月10日は中秋の名月です🌙

 

 

 

 

こんにちは!田中佛檀店です。

 

今夜は中秋の名月ですね✨

 

中秋の名月(十五夜)は9月15日だと思いがちですが、その年によって日にちは変わります。

 

2022年は本日9月10日(土)です🌙

 

 

 

月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている新暦では、1年の始まる日も1年の長さも異なります。

 


そのため、旧暦と新暦にズレが生じ、実際には、毎年9月中旬~10月上旬の間に中秋の名月(旧暦8月15日)がくるとされています。

 

 

今年は満月とも重なる珍しい日だそうですよ♪

 

 

朝は曇っていましたが、ちょうど晴れてきたのでお団子でも食べながら綺麗な満月が見れるといいですね☺️ 

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

田中佛檀店

本店   0595-82-0282

FAX  0595-82-8979

メール  info@tanaka-butudan.com

U R L   http://www.tanaka-butudan.com

 

 

 

 

お香を焚く意味とは?🍀

 

  

 

お香を焚く意味について考えたことはあるでしょうか?

 

 

お香を焚く、それはつまり仏様への感謝の気持ちを意味しています。

 

 

お釈迦様はお香(沈香)がお好きで、よく焚いていたそうです。

 

お釈迦様が涅槃(悟りを開かれ、最高の境地に入ること、肉体の死を表します)に入られた時、弟子たちはお釈迦様が好きだったお香をお供えとして焚きました。

 

 

それがお焼香の始まりだといわれています。

 

 

 

沈香はお香の原料の中でも高価で格が高いとされていますが、その理由として、希少価値が高いのと同時にお釈迦様が好んだということも影響しているかもしれませんね。

 

 

沈香のみで焼香することもありますが、沈香の香りをより引き立てるために上質の漢方薬(香原料)と調合するようになりました。

 

 

良い香りのお香を仏様にお供えすると同時に私たちはその良い香りをおさがりとしていただきます。

 

 

普段の感謝の気持ちを込めて、仏様の好きだった香りを焚いてみましょう♪

 

 

沈香とひとくちに言っても、たくさんの種類のお線香があります。

 

ぜひ店頭で色々とお試しくださいね☺️

 

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

 

田中佛檀店

 

本店   0595-82-0282

 

FAX  0595-82-8979

 

メール  info@tanaka-butudan.com

 

 

 

 

賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)を寄進させて頂きました!

 

いつも当店のブログをご覧頂きましてありがとうございます。


田中佛檀店 代表取締役 田中克彦です😊

 

 

田中家の菩提寺である盛福寺様に、当店の創業100周年を記念して寄進させて頂きました「賓頭盧尊者」の開眼供養が、4月3日に花まつりとともに執り行われました👏

 

盛福寺様がございます鈴鹿市西富田町は、田中佛檀店創業の地です😌

 

 

 

 

お釈迦様のお誕生日をお祝いする「花まつり」

 

生憎の空模様でしたが、桜は非常に綺麗に咲いていました😊🌸

 

 

 

 

「花御堂(はなみどう)」の中心に「誕生仏」を安置し、甘茶をかけてお釈迦様のお誕生日をお祝いします🌸🍵

 

 

 

 

こちらが今回寄進させて頂いた、「賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)」です。

 

親しみを込めて、「びんずるさん」「びんずるさま」とよく呼ばれていますね😊

 

 

賓頭盧尊者は、お釈迦様のお弟子さんの1人です。

 

神通力に長けており、お釈迦様の命で涅槃(ねはん)せず、お釈迦様の入滅後も衆生(しゅじょう)を救済し続けていると伝えられています。

 

 

日本では、病人が自分の患部と同じところを撫でると、除病の功徳があると信仰されており、「撫で仏」とも呼ばれます✋

 

 

 

 

ご住職と賓頭盧尊者の前で記念撮影させて頂きました📷

 

 

 

 

感謝状も頂きました。ありがとうございます🙏

 

 

 

100周年に合わせて、田中佛檀店創業の地に何かを残したい、そして何より、ご住職や檀家様、地域の方々の健康を祈願させて頂きたいという想いで、今回の寄進をさせて頂きました。

 

 

これからたくさんの方々に、末永くお参りして頂き、たくさん撫でて頂ければ幸いです😊

 

 

 

家族の幸せ、心にやすらぎ

田中佛檀店
TEL   0595-82-0282
FAX  0595-82-8979
メール  info@tanaka-butudan.com
U R L http://www.tanaka-butudan.com

〒519-0111 三重県亀山市栄町萩野1488-280